教養の揺らぎとフランス近代

綾井桜子 著

教育の文脈のなかで、教養はどのように捉えられてきたのか。「知の教育」という視角から教養問題にアプローチし、フランスにおける教養と教育をめぐる思想史を探究する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 フランス近代における教養の再定位(教養形成の場としてのフランス中等教育
  • フマニタスから"一般的教養"へ
  • デュルケーム『フランス教育思想史』-教養知についてのリフレクション)
  • 第2章 近代教育と古典(語)・レトリック(レトリック的教養の失墜と新しい「型」の教育-弁論から小論文へ
  • 古典の扱われ方にみる変容と模倣の存続-暗誦・復誦のためのテクストから、解釈の対象としてのテクストへ
  • 近代国民国家形成期における古典語の位置づけと役割について
  • 古典語学習の再生と新しい「レトリック的教養」の模索
  • デュルケームによる古典学習の再生-普遍なるものについての認識から差異へひらかれた思考の形成へ)
  • 第3章 近代フランス中等教育と科学による教養(産業化の進展と科学教育
  • 科学による教養
  • デュルケームにみる「科学の文化」と「自然の教育」)
  • 第4章 論理的教養への眼差し(中世の大学における自由学芸の教育と現実の生きた討論
  • 「信仰と理性の調和」という世界観のなかにある弁証法
  • 近代実験科学・近代合理主義思潮における論理的弁証法・討論
  • 実践知としての討論術/実験的推論・学問的論証)
  • 第5章 教養と哲学教育(批判的・自立した思考を備えた人間・市民の形成のはじまり
  • リセの哲学教育を考える-その複層性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教養の揺らぎとフランス近代
著作者等 綾井 桜子
書名ヨミ キョウヨウ ノ ユラギ ト フランス キンダイ : チ ノ キョウイク オ メグル シソウ
書名別名 知の教育をめぐる思想

Kyoyo no yuragi to furansu kindai
シリーズ名 教育思想双書 2-2
出版元 勁草書房
刊行年月 2017.6
ページ数 231,7p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-326-29914-0
NCID BB23969405
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22928724
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想