オックスフォードからの警鐘

苅谷剛彦 著

ワールドクラスの大学は「ヒト・モノ・カネ」をグローバルに調達する競争と評価を繰り広げている。水をあけられた日本は、国をあげて世界大学ランキングの上位をめざし始めた。だが、イギリスの内部事情を知る著者によれば、ランキングの目的は英米が外貨を獲得するためであり、日本はまんまとその「罠」にはまっているのだという-日本の大学改革は正しいのか?真にめざすべき道は何か?彼我の違いを探り、我らの強みを分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本の大学が世界の「落ちこぼれ」になる
  • 第1部 「スーパーグローバル大学」の正体
  • 第2部 文系学部廃止論争を超えて
  • 第3部 海外大学・最新レポート
  • 第4部 ガラパゴスからの脱出
  • 終章 「グローバル大学」への警鐘-日本の大学は何をめざすべきなのか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オックスフォードからの警鐘
著作者等 苅谷 剛彦
書名ヨミ オックスフォード カラ ノ ケイショウ : グローバルカ ジダイ ノ ダイガクロン
書名別名 グローバル化時代の大学論
シリーズ名 中公新書ラクレ 587
出版元 中央公論新社
刊行年月 2017.7
ページ数 229p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-150587-3
NCID BB23951250
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22931858
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想