遺族外来

大西秀樹 著

愛する人の死にうちひしがれた人を診察する遺族外来で患者さんが教えてくれた、新しい世界に適応しながら生きていく力。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 死別(父との死別
  • なぜ、遺族のケアが必要なのか)
  • 2 死別に伴う心と身体、そして社会的な問題(特急電車
  • 大往生 ほか)
  • 3 遺族とのかかわり(「聴く」ことの大切さ
  • 悩まなくてよい ほか)
  • 4 新しい生活への適応(天国への宅急便
  • 天国への留学中 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遺族外来
著作者等 大西 秀樹
書名ヨミ イゾク ガイライ : タイセツ ナ ヒト オ ウシナッテモ
書名別名 大切な人を失っても

Izoku gairai
出版元 河出書房新社
刊行年月 2017.6
ページ数 238p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-309-24810-3
NCID BB23943343
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22921694
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想