日本茶の近代史

粟倉大輔 著

幕末開港後、居留地における茶再製技術によって飛躍的な産業化、輸出化が進み、それは港湾、鉄道の資本整備など、廻船問屋をはじめとする生産地の人々にも大きな影響をもたらした。生糸と並んで日本の近代化を支えた「お茶」の歴史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 課題と方法
  • 第1章 明治期の製茶業における荒茶生産
  • 第2章 明治期日本の茶再製-横浜と神戸の事例を中心に
  • 第3章 横浜・神戸の「再製茶女工」
  • 第4章 海運の整備と製茶業
  • 第5章 鉄道網の整備と製茶業
  • 第6章 清水港の緑茶輸出港と静岡県における再製事業
  • 終章 総括と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本茶の近代史
著作者等 粟倉 大輔
書名ヨミ ニホンチャ ノ キンダイシ : バクマツ カイコウ カラ メイジ コウキ マデ
書名別名 幕末開港から明治後期まで
出版元 蒼天社
刊行年月 2017.7
ページ数 322p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-901916-65-3
NCID BB23905468
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22971227
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想