学び合う場のつくり方

中野民夫 著

いま、教育、企業、行政、医療、まちづくりの現場で、対話や参加を大切にした能動的な学びに注目が集まっている。ワークショップのパイオニアとして「参加型の場づくり」に長く取り組んできた著者が、東工大における教育改革をはじめ、学び合いの場づくりの様々な実践を紹介しながら「本当の学び」のあり方を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大学での参加型授業(東工大立志プロジェクト-少人数クラスでのグループワーク
  • 大教室での参加型授業-同志社大学における大教室での参加型授業の取り組み
  • 参加型授業の意義)
  • 第2章 ファシリテーションの基礎スキル(ファシリテーション講座の始まり
  • ファシリテーションの五つの基礎スキル)
  • 第3章 自分・自然・社会とつながる(人と自分自身
  • 人と自然
  • 人と社会
  • 横軸と縦軸)
  • 第4章 本当の学びへ向けて(「本当の学び」
  • 修験道山伏修行の逆説
  • 理系と文系教員の協働
  • ロジャーズの三原則)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学び合う場のつくり方
著作者等 中野 民夫
書名ヨミ マナビアウ バ ノ ツクリカタ : ホントウ ノ マナビ エノ ファシリテーション
書名別名 how to create a collaborative learning community

how to create a collaborative learning community : 本当の学びへのファシリテーション

Manabiau ba no tsukurikata
出版元 岩波書店
刊行年月 2017.6
ページ数 198p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-024823-5
NCID BB23892967
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22927852
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想