「秋田藩」研究ノート

金森正也 著

政治、経済にとどまらず、藩校の気風や改革派官僚たちの肖像、農民一揆や海運、大坂藩邸役人の暮らしぶりまで、知られざる「藩」の内部にわけいって考察する歴史読本!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「当高」制とは何か
  • 「向高」ということ
  • 近世後期の高について
  • 地方知行制について
  • 刊本『御亀鑑』の不思議
  • 佐竹義和=「明君」論を考える
  • 「御亀鑑」編さんの意義
  • 藩校の気風
  • 門閥VS改革派官僚
  • 改革派官僚の肖像〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「秋田藩」研究ノート
著作者等 金森 正也
書名ヨミ アキタハン ケンキュウ ノート
書名別名 Akitahan kenkyu noto
出版元 無明舎
刊行年月 2017.5
ページ数 193p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-89544-628-0
NCID BB23886716
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22911826
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想