糖尿病医学史談

葛谷健 著

[目次]

  • 糖尿病の概念の変遷-症候学から代謝異常、成因、慢性合併症へ
  • インスリン治療
  • 合併症1 三大合併症の確立
  • 合併症2 血糖コントロールと合併症の関係
  • 食事療法
  • 経口血糖降下薬
  • 糖尿病の2つの病型
  • 2型糖尿病の病態を巡る議論
  • 糖尿病と妊娠
  • 糖尿病の疫学と検診
  • 病態・治療の指標
  • 米国と英国の学会・協会
  • なんのために糖尿病を治療するのか?-治療目標の変遷

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 糖尿病医学史談
著作者等 葛谷 健
書名ヨミ トウニョウビョウ イガクシダン : リンショウ ケンキュウ ノ レキシ オ ヒモトク
書名別名 臨床・研究の歴史をひもとく

Tonyobyo igakushidan
シリーズ名 プラクティス・セレクション
出版元 医歯薬
刊行年月 2017.5
ページ数 242p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-263-23650-5
NCID BB23881086
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22917486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想