親権と子ども

榊原富士子, 池田清貴 著

離婚時の親権をめぐる争いは、一〇年前の三倍に。年間一〇万件以上の相談がある子どもの虐待において、親権は子どもの救出を阻む「壁」にもなりうる。急激に動いている現状に直面し、法改正も相次いでいる。現場での数多くの経験とともに、子どもの視点を盛り込みながら、親権、そして子どもとの関係を具体的に描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 親権とは何か(親の権利なのか
  • 誰が親権者か?
  • 親権の内容
  • 親権者に禁じられていること
  • 親権の制限と終了)
  • 2 離婚と子ども(離婚と親権
  • 親権と監護権は、どのように決まるのか
  • 養育費
  • 面会交流
  • 海外における離婚と親権)
  • 3 親権と虐待(親権と虐待の境界
  • 虐待への対応と親権
  • 親権の制限、未成年後見)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 親権と子ども
著作者等 榊原 富士子
池田 清貴
書名ヨミ シンケン ト コドモ
書名別名 Shinken to kodomo
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1668
出版元 岩波書店
刊行年月 2017.6
ページ数 280p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431668-8
NCID BB23875163
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22926272
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想