概念意味論の基礎

大室剛志 著

生成文法の意味論であるジャッケンドフの概念意味論(Conceptual Semantics)の基礎の部分をジャッケンドフの著書『意味構造』(Semantic Structures)の概要を私自身の言葉でひらたく述べ直すことにより紹介した概念意味論の入門書である。英語の動詞の意味論を中心に、概念意味論の基本的なメカニズム、言語の意味の問題、言語の意味と形の対応の問題について学ぶことができる。人間の心理としての意味論の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生成文法としての意味論(はじめに
  • 生成文法の意味論とは ほか)
  • 第2章 概念意味論の基本的なメカニズム(文法全体の枠組み
  • 多義語の扱い ほか)
  • 第3章 意味の問題(新たな概念関数の導入
  • 意味素性による空間関数の精緻化 ほか)
  • 第4章 意味と形の対応の問題(関数に組み込まれた項を表現している付加詞の構文について
  • 意味では修飾節にある一つの項位置を占めるが統語では付加詞である要素について ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 概念意味論の基礎
著作者等 大室 剛志
書名ヨミ ガイネン イミロン ノ キソ
シリーズ名 開拓社言語・文化選書 67
出版元 開拓社
刊行年月 2017.6
ページ数 202p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7589-2567-9
NCID BB23872289
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22921107
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想