中日対照言語学概論

高橋弥守彦 著

言葉と文化の理解は相互理解の第一歩である。本書は中日両国の言語・文化・民族性の基本を理解し、両国の言語文化の学習や研究における最良の書だと確信する。日中国交正常化45周年記念出版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 総論(単形体言語と多形体言語
  • 文化と言語
  • 奇数と偶数
  • 中日両言語の視点)
  • 第2章 構文関係(中日両言語の文型「SPO」と「SOP」
  • 中日両言語の語順
  • 日中対照関係から見る中国語の受身表現)
  • 第3章 連語関係(中日対照関係から見る空間詞の位置
  • 連語論から見る中日両言語-動詞+客体
  • 日中両言語における使役のむすびつき)
  • 第4章 単語関係(中日対照関係から見る中国語の形容詞について
  • 中日両言語における副詞の位置
  • 二つの"了"とそれに対応する日本語訳)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中日対照言語学概論
著作者等 高橋 弥守彦
書名ヨミ チュウニチ タイショウ ゲンゴガク ガイロン : ソノ ハッソウ ト ヒョウゲン
書名別名 その発想と表現

Chunichi taisho gengogaku gairon
シリーズ名 日中語学対照研究シリーズ
出版元 日本僑報社
刊行年月 2017.6
ページ数 247p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86185-240-4
NCID BB23826780
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22915235
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想