漱石先生がやって来た

半藤一利 著

漱石生誕150年。その生涯の中で分岐点となる一年があった。明治38年、教師稼業の傍ら、発表した小説『吾輩が猫である』が評判となり、帝大教授への道か、小説家への道かで迷う漱石先生。日露戦争勝利に沸き立つ世相を背景に、分かれ道に立った漱石先生の一年間を『吾輩は猫である』のモデルになった夏目家の福猫、半兵衛の目を通して小説仕立てで描く表題作を大幅に改訂した決定版!また、当時の漱石の生活を別の視点から描いたエッセイ「千駄木町の漱石先生」を併録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漱石先生がやって来た
著作者等 半藤 一利
書名ヨミ ソウセキ センセイ ガ ヤッテ キタ
書名別名 Soseki sensei ga yatte kita
シリーズ名 ちくま文庫 は24-18
出版元 筑摩書房
刊行年月 2017.6
ページ数 252p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-43449-4
NCID BB23797048
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22917556
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想