結婚差別の社会学

齋藤直子 著

被差別部落出身者との恋愛や結婚を、出自を理由に反対する「結婚差別」。部落出身者との結婚をめぐる家族間の対立、交渉、破局、和解などのプロセスと差別の実態を、膨大な聞き取りデータの分析から明らかにする。同時に、結婚差別の相談・支援活動の事例から「乗り越え方」のヒントを探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 部落問題とは何か
  • 第2章 結婚差別はどのように分析されてきたか
  • 第3章 結婚差別のプロセス
  • 第4章 うちあけ
  • 第5章 親の反対
  • 第6章 カップルによる親の説得
  • 第7章 親による条件付与
  • 第8章 結婚差別問題では何が争われているのか
  • 第9章 結婚後差別
  • 第10章 支援

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 結婚差別の社会学
著作者等 齋藤 直子
書名ヨミ ケッコン サベツ ノ シャカイガク
書名別名 Kekkon sabetsu no shakaigaku
出版元 勁草書房
刊行年月 2017.5
ページ数 283,11p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-326-65408-6
NCID BB23776605
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22917031
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想