日本の経済統制

中村隆英 著

統制とは、市場の価格機構に何らかの方法で干渉し、その機能を制限することである。日本における経済統制は、世界恐慌による危機的状況への企業の自主対応から生まれた。やがて、日中戦争(日華事変)の勃発、太平洋戦争への突入と戦争が全面化するにつれ、性格を変貌させていく。国家による軍需生産への集中とそれ以外の生産物への介入拡大という、統制が統制を呼ぶ事態のなか、破局へと突き進む日本-。昭和12年(1937)から昭和25年(1950)までの国家統制時代を中心に、名著『昭和史』の著者が経済の動きについて全体像を提示する。戦後の出発を決定づけた戦時中の経験とは何であり、現代に何を教えるのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 「統制」の経験
  • 1 恐慌と統制
  • 2 日華事変と全面統制の開始
  • 3 太平洋戦争前夜の日本経済
  • 4 太平洋戦争下の統制
  • 5 戦後の経済統制
  • エピローグ 石油二法の問題点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の経済統制
著作者等 中村 隆英
書名ヨミ ニホン ノ ケイザイ トウセイ : センジ センゴ ノ ケイケン ト キョウクン
書名別名 戦時・戦後の経験と教訓
シリーズ名 ちくま学芸文庫 ナ26-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2017.6
ページ数 235p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09804-7
NCID BB23776547
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22917554
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想