「穴場」の喪失

本村凌二, マイク・モラスキー [述]

人間にも、街にも「穴場」が必要である-古代ローマ研究者と日本文化研究者による、比較文化対談!「穴場」の喪失は人間にどう影響を及ぼすか、このような社会でいかに生きるべきか、を語り合う。「食べログ」「ぐるなび」がローカルな飲食文化、すなわち「穴場」を破壊していると喝破した「ネット時代の飲食文化」。ヒーロー像の違いから国民性を読み解く「映画ヒーローの日米比較」。競馬・カジノの二面性を追う「ギャンブルと文化」。音楽・言葉・笑いの地域とのつながりを探る「地域性の彩り」。均質化が進み、「穴場」が失われつつある街で暮らすための処方箋を提示する「街に生きる」。-全5テーマ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ネット時代の飲食文化(ヘミングウェイと「穴場」
  • 「食べログ」「ぐるなび」の弊害 ほか)
  • 第2章 映画ヒーローの日米比較(西部劇の多様性
  • 東西二分構造 ほか)
  • 第3章 ギャンブルと文化(競馬は単なるギャンブルではない
  • 競馬、競輪、競艇の違い ほか)
  • 第4章 地域性の彩り(ラジオが音楽を変えた
  • 日本人は短調を好む ほか)
  • 第5章 街に生きる(歩ける街・東京
  • 鉄道の発展と失われたもの ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「穴場」の喪失
著作者等 Molasky, Michael S
本村 凌二
モラスキー マイク
書名ヨミ アナバ ノ ソウシツ
シリーズ名 祥伝社新書 507
出版元 祥伝社
刊行年月 2017.6
ページ数 194p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-396-11507-4
NCID BB2377258X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22915190
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想