日本「文」学史  第2冊

河野 貴美子;デーネーケ ヴィーブケ<Denecke Wiebke>;新川 登亀男;陣野 英則;谷口 眞子;宗像 和重【編】

古代から近代初頭の日本において「文」は人びとをつなぐ知的システムとして重要な機能を果たすものであった。「文」はいかなる人びとに担われ、いかなる社会のなかで流通していったのか。人びとはどのように「文」に関わり、「文」を具現化してきたのか。コミュニケーションを成立させる「発信者」、「メッセージ」、「受信者」、「メディア」の相関図を基とした四つの観点より「人びと」と「文」との関わりを明らかにすることで、新たな日本文学史を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 "文の発信者"-文の人、文と人(渡来文人
  • 学問の「家」の人-和歌の「家」の展開と釈家・儒家との交渉 ほか)
  • 第2部 "社会における文の機能と文人の働き"(公職の人と文1-史書
  • 公職の人と文2-法と公文書 ほか)
  • 第3部 "文の受信者"-文を受けとめつなぐ人(「武」を語る「文」-『百将伝』、忘却された「文」学
  • 文人の「会」や交流1-古代・中世の「会」や交流 ほか)
  • 第4部 "文の人と媒体"-文を伝えるメディア(筆と書体
  • 紙と装訂の関係について ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本「文」学史
著作者等 Denecke, Wiebke
宗像 和重
新川 登亀男
河野 貴美子
谷口 眞子
陣野 英則
デーネーケ ヴィーブケ
書名ヨミ ニホン ブンガクシ
書名別名 「文」と人びと : 継承と断絶

A New History of Japanese "Letterature"

Nihon bungakushi
巻冊次 第2冊
出版元 勉誠
刊行年月 2017.6
ページ数 561p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-585-29492-4
NCID BB23770653
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22905702
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想