伊勢物語の生成と展開

山本登朗 著

業平が創造した物語は、どのように継承され、豊かな世界を築き上げてきたのか。成立論、作品論、享受史論など、多様な視点から探究。日本神話、中国説話、絵画資料ほかの、さまざまな材料を用いて通説を再考し、本来の正しい理解を探索する。各論が多様に連環し、伊勢物語の総体を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 物語の始発
  • 第2章 伊勢物語の方法
  • 第3章 恋愛譚としての伊勢物語-中国説話との関わり
  • 第4章 解釈をめぐって
  • 第5章 伊勢物語から源氏物語へ
  • 第6章 伝説と享受
  • 第7章 注釈書と絵画

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 伊勢物語の生成と展開
著作者等 山本 登朗
書名ヨミ イセ モノガタリ ノ セイセイ ト テンカイ
シリーズ名 伊勢物語
出版元 笠間書院
刊行年月 2017.5
ページ数 443,19p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-305-70829-8
NCID BB23767182
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22915446
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想