地域包括ケアから社会変革への道程  実践編

中島康晴 著

ソーシャルワーカーの仕事は、人びとのより身近で継続的な社会環境としての地域において、支援する側・される側という支配・被支配のタテの権力関係を超えて、「ひらかれた」地域へ向けて信頼性、互酬性、多様性を創出し、暮らしに困難を抱える人びとへの眼差しを地域住民と共有しつつ、互いのアイデンティティの変容をとおして地域変革を実現し、さらに社会変革へ向けてその理念を具現化させることにある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第4章 実践の素地を整える-「地域の絆」の理念と概要(「地域の絆」の理念
  • 個別支援と地域支援の結合-ケアとまちづくりの分断を乗り越える ほか)
  • 第5章 地域包括ケアから社会変革への道筋-「人びと」の「出逢い直し」を求めて(地域における正負の側面-地域住民が主体的に信頼性と互酬生を育むことを促進する
  • 「状況に埋め込まれた学習」論から学ぶ地域包摂の方法 ほか)
  • 第6章 社会変革を促進する組織運営論(「実践共同体」の目的および共通理解
  • 社会的企業としての運営方針-「社会性」と「事業性」の均衡をはかる ほか)
  • 第7章 地域包括ケアが社会を変える-地域変革から社会変革へ(人間の尊厳を保障するための拠り所
  • リスクを取らないソーシャルワークはソーシャルワークたり得ない ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地域包括ケアから社会変革への道程
著作者等 中島 康晴
書名ヨミ チイキ ホウカツ ケア カラ シャカイ ヘンカク エノ ドウテイ : ソーシャル ワーカー ニ ヨル ソーシャル アクション ノ ジッセン ケイタイ
書名別名 ソーシャルワーカーによるソーシャルアクションの実践形態
シリーズ名 メンタルヘルス・ライブラリー 37
巻冊次 実践編
出版元 批評社
刊行年月 2017.6
ページ数 204p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8265-0664-9
NCID BB23766601
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22920699
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想