現代歴史学の成果と課題  第4次-1

歴史学研究会 編集

2001年〜2015年。認識論的な問いと新自由主義の時代状況が重なる15年間を対象にして歴史学の方法に関する新しい論点と方向性を示し、歴史学の現在とその課題を照射する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 歴史学の現在-二〇〇一〜二〇一五年
  • 第1章 歴史把握の方法(新自由主義の時代と歴史学の課題
  • グローバル・ヒストリー-可能性と課題
  • 下からのグローバル・ヒストリーに向けて-人の移動、人種・階級・ジェンダーの視座から
  • 植民地責任論
  • 帝国主義と戦争)
  • 第2章 「主体」の"問い方"をあらためて問い直す(ジェンダー1-男性史とクィア史
  • ジェンダー2-植民地主義との交錯という視点から
  • 「民衆」の問い方を問い直す1-朝鮮近現代史・日朝関係史から
  • 「民衆」の問い方を問い直す2-日本近世史研究から
  • サバルタン・スタディーズの射程
  • カルチュラル・ターン後の歴史学と叙述)
  • 第3章 「生存」/「いのち」の歴史学(「生存」の歴史学
  • 「いのち」とジェンダーの歴史学
  • 福祉の歴史学
  • 災害と生存の歴史学
  • 所有と利用の関係史-土地と水を中心にして
  • 戦争/平和と生存-アジア太平洋戦争を中心に)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代歴史学の成果と課題
著作者等 歴史学研究会
書名ヨミ ゲンダイ レキシガク ノ セイカ ト カダイ
書名別名 新自由主義時代の歴史学
巻冊次 第4次-1
出版元 績文堂
刊行年月 2017.5
ページ数 303p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-88116-131-9
NCID BB23765926
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22925693
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想