温暖化対策で熱帯林は救えるか

奥田敏統 編

[目次]

  • 序論
  • 第1章 熱帯地域の土地利用と地球温暖化緩和策の導入の問題点(緩衝帯の設定と炭素排出の抑制
  • REDD+を活用した森林保全)
  • 第2章 地域住民と天然資源保全の相乗便益を図るための試み(国立公園をめぐる相克
  • カレン領域における境界画定と住民林業
  • 国立公園内荒廃地の植生復元活動
  • 保護林の住民利用とそれによる森林保護の可能性 ミャンマー、マンダレー管区の農山村の事例)
  • 第3章 相乗便益を長期的に担保するための仕組みづくり(エコツーリズム導入による相乗便益の確保
  • 二項対立回避へのアプローチ-農地開発に伴う生態系劣化と甦生)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 温暖化対策で熱帯林は救えるか
著作者等 天野 正博
奥田 敏統
山田 俊弘
敷田 麻実
浦口 あや
竹田 晋也
鈴木 英治
高橋 進
書名ヨミ オンダンカ タイサク デ ネッタイリン ワ スクエルカ : ジュウミン ト シンリン ホゼン ノ ソウリテキ ナ カンケイ オ メザシテ
書名別名 住民と森林保全の相利的な関係を目指して

Ondanka taisaku de nettairin wa sukueruka
出版元 文一総合
刊行年月 2017.6
ページ数 207p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8299-6529-0
NCID BB23747403
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22915239
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想