山崎豊子と〈男〉たち

大澤真幸 著

『白い巨塔』『大地の子』『沈まぬ太陽』…。デビュー作から遺作まで、各作品を読み解きながら、また三島由紀夫、井上陽水、谷崎潤一郎、葉隠、松本清張、カント、三浦綾子、鶴見俊輔、更に半沢直樹とも比較しつつ、誰も気がつかなかった、「男たち」の秘密を明かす。戦後日本が解決出来ず、今に続く様々な難問を解く鍵は、「山崎文学」の中にあった!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 男を書いた女
  • 彼女は、なぜ白い喪服を着たのか
  • 勲章はどちらに渡されたのか
  • 船場の四人姉妹の運命
  • 最初のほんものの男は悪だった
  • 男の定義
  • 悪い「男」と罪のない「女」
  • 不毛地帯の上で
  • 祖国なき敗者
  • 「大地の子」になる
  • 太陽の光は遍く
  • 反復による成熟
  • 新たなる約束

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山崎豊子と〈男〉たち
著作者等 大沢 真幸
大澤 真幸
書名ヨミ ヤマサキ トヨコ ト オトコタチ
書名別名 Yamasaki toyoko to otokotachi
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2017.5
ページ数 237p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603807-5
NCID BB23734605
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22917985
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想