社会科学の考え方

野村康 著

学際化がすすむ社会諸学のメソドロジーをいかにして身につけるか。日本で初めて認識論から説き起こし、多様な調査研究手法を明晰に整理して、首尾一貫した研究へのアプローチを解説。社会科学を実践するための要諦をつかみ、創造的研究を生み出すための最良のガイドブック。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 社会科学の認識論(認識論)
  • 第2部 社会科学のリサーチ・デザイン(事例研究
  • 実験
  • 横断的・縦断的研究)
  • 第3部 社会科学の手法(インタビュー
  • エスノグラフィー/参与観察
  • 調査票調査
  • 言説分析)
  • 第4部 社会科学のルール(研究倫理と参照の方法)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会科学の考え方
著作者等 野村 康
書名ヨミ シャカイ カガク ノ カンガエカタ : ニンシキロン リサーチ デザイン シュホウ
書名別名 Methods and Methodology in Social Research

Methods and Methodology in Social Research : 認識論、リサーチ・デザイン、手法

Shakai kagaku no kangaekata
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2017.6
ページ数 352p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8158-0876-1
NCID BB23724135
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22915656
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想