「維新革命」への道

苅部直 著

明治維新で文明開化が始まったのではない。すでに江戸後期に日本近代はその萌芽を迎えていたのだ-。荻生徂徠、本居宣長、山片蟠桃、頼山陽、福澤諭吉、竹越與三郎ら、徳川時代から明治時代にいたる思想家たちを通観し、十九世紀の日本が自らの「文明」観を成熟させていく過程を描く。日本近代史を「和魂洋才」などの通説から解放する意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「諸文明の衝突?」から四半世紀
  • 「維新」と「革命」
  • ロング・リヴォルーション
  • 逆転する歴史
  • 大坂のヴォルテール
  • 商業は悪か
  • 「経済」の時代
  • 本居宣長、もう一つの顔
  • 新たな宇宙観と「勢」
  • 「勢」が動かす歴史
  • 「封建」よさらば
  • 「文明開化」のおとずれ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「維新革命」への道
著作者等 苅部 直
書名ヨミ イシン カクメイ エノ ミチ : ブンメイ オ モトメタ ジュウキュウセイキ ニホン
書名別名 「文明」を求めた十九世紀日本

Ishin kakumei eno michi
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2017.5
ページ数 283p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603803-7
NCID BB23722810
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22917993
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想