比較犯罪学研究序説

朴元奎 著

[目次]

  • 序章 グローバル化時代における比較犯罪学の課題と展望
  • 第1章 比較犯罪学の方法論的諸問題
  • 第2章 公式犯罪統計の日米比較
  • 第3章 戦後日本における犯罪率の推移
  • 第4章 日本における社会学的犯罪学の特色
  • 第5章 犯罪学・刑事司法教育の日米比較
  • 第6章 ジェフリーのCPTED理論の進展と変容

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 比較犯罪学研究序説
著作者等 朴 元奎
書名ヨミ ヒカク ハンザイガク ケンキュウ ジョセツ
出版元 成文堂
刊行年月 2017.5
ページ数 278p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7923-5205-9
NCID BB23719838
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22913185
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想