田中正造と松下竜一

新木安利 著

足尾銅山鉱毒事件、豊前環境権裁判…。"民衆の敵"とみなされながら、虚偽の繁栄を逆照射した2人の生き方を探る。松下竜一の文学と活動、田中正造の生涯をたんねんに辿り、同調圧力に屈せず、"人間の低み"を生きるとはなにかを問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 松下竜一の文学と社会化
  • 清き空気を、深き緑を、美しき海を
  • "民衆の敵"と"ランソの兵"
  • 大山と津和野にて
  • 戦殺・被戦殺
  • 村田久の闘い
  • 福沢諭吉の権謀
  • 田中正造の受難

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 田中正造と松下竜一
著作者等 新木 安利
書名ヨミ タナカ ショウゾウ ト マツシタ リュウイチ : ニンゲン ノ ヒクミ ニ イキル
書名別名 人間の低みに生きる
出版元 海鳥社
刊行年月 2017.3
ページ数 435p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86656-002-1
NCID BB23710946
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22890940
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想