基礎ゼミ宗教学

大谷栄一, 川又俊則, 猪瀬優理 編

宗教って何?宗教を学ぶ必要があるの?本書を読めば、宗教が私たちの生活や社会と深くかかわっていることがわかります。自分で考えるのはもちろん、仲間と一緒に考えることも、筆者の考察から学ぶこともできる体験的入門書!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「宗教」のイメージをとらえなおそう!(「宗教」はどのようにイメージされるのか?-「信仰のない宗教」、宗教情報リテラシー、「宗教」概念
  • お寺や神社、教会はどういう場所なのか?-過疎、人口減少社会、ソーシャル・キャピタル
  • 社会にとって宗教団体とはどんな存在か?-宗教法人法、政教分離、宗教団体の社会参加)
  • 第2部 あなたの身近な宗教体験を分析しよう!(なぜ成人式を行うのだろうか?-信仰、アイデンティティ、通過儀礼
  • お祭りにはどんな意味がある?-祭祀、祝祭、コミュニティ文化
  • 巡礼者は何を求めて聖地に向かうのか?-聖地、世界遺産、真正性)
  • 第3部 現代宗教の争点を読み解こう!(いのちを教えることができるのか?-寛容の態度、宗教文化教育、道徳の教科化
  • 「女人禁制」はつづけるべきか?-霊山、ジェンダー、家父長制
  • 「カルト問題」にどう向きあうか?-カルト、偽装勧誘、マインド・コントロール)
  • 第4部 宗教から多文化主義を考えてみよう!(公共領域から(どれだけ)宗教を排除すべきか?-政教分離、世俗主義、市民宗教
  • ヴェールはなぜ問題となるのか?-オリエンタリズム、ポストコロニアル、フェミニズム
  • 日本社会は移民とどう向きあうのか?-入国管理法、多文化共生、エスニシティ)
  • 第5部 死を見つめなおすために(なぜ墓参りをするのか?-先祖/祖千、葬後儀礼、両墓制
  • 戦没者をどこで追悼する?-靖国問題、「戦争の記憶」、コメモレイション
  • 被災者への支援で求められるものは何か?-「心のケア」、臨床宗教師、霊性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 基礎ゼミ宗教学
著作者等 塚田 穂高
大澤 広嗣
大谷 栄一
小林 奈央子
川又 俊則
板井 正斉
猪瀬 優理
白波瀬 達也
相澤 秀生
碧海 寿広
藤本 頼生
藤本 龍児
黒崎 浩行
書名ヨミ キソ ゼミ シュウキョウガク
書名別名 Preliminary Seminar of Religious Studies
出版元 世界思想社
刊行年月 2017.4
ページ数 188p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7907-1697-6
NCID BB23704127
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22920202
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「カルト問題」にどう向きあうか? : カルト、偽装勧誘、マインド・コントロール 塚田 穂高
「女人禁制」はつづけるべきか? : 霊山、ジェンダー、家父長制 小林 奈央子
「宗教」はどのようにイメージされるのか? : 「信仰のない宗教」、宗教情報リテラシー、「宗教」概念 大谷 栄一
いのちを教えることができるのか? : 寛容の態度、宗教文化教育、道徳の教科化 川又 俊則
お寺や神社、教会はどういう場所なのか? : 過疎、人口減少社会、ソーシャル・キャピタル 板井 正斉
お祭りにはどんな意味がある? : 祭祀、祝祭、コミュニティ文化 藤本 頼生
なぜ墓参りをするのか? : 先祖/祖先、葬後儀礼、両墓制 川又 俊則
なぜ成人式を行うのだろうか? : 信仰、アイデンティティ、通過儀礼 相澤 秀生
アクティブラーニングで宗教を学ぶ : はじめに 大谷 栄一
ヴェールはなぜ問題となるのか? : オリエンタリズム、ポストコロニアル、フェミニズム 猪瀬 優理
公共領域から(どれだけ)宗教を排除すべきか? : 政教分離、世俗主義、市民宗教 藤本 龍児
巡礼者は何を求めて聖地に向かうのか? : 聖地、世界遺産、真正性 碧海 寿広
戦没者をどこで追悼する? : 靖国問題、「戦争の記憶」、コメモレイション 大谷 栄一
日本社会は移民とどう向きあうのか? : 入国管理法、多文化共生、エスニシティ 白波瀬 達也
社会にとって宗教団体とはどんな存在か? : 宗教法人法、政教分離、宗教団体の社会参加 大澤 広嗣
被災者への支援で求められるものは何か? : 「心のケア」、臨床宗教師、霊性 黒崎 浩行
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想