概説世界経済史

北川勝彦, 北原聡, 西村雄志, 熊谷幸久, 柏原宏紀 編

経済史を学ぶための理論と方法から、日本・欧米・アジア・アフリカの各地域の経済史まで、バランスよく、かつコンパクトにまとめた入門書。経済学を初めて学ぶ学生はもちろん、世界全体および各地域の経済史をおさらいしたい社会人にも最適。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 なぜ経済史を学ぶのか
  • 2 経済史を学ぶための理論と方法-時代区分論から新課題まで
  • 3 国際関係のなかの日本経済の展開-1985年プラザ合意まで
  • 4 ヨーロッパのグローバル展開-第二次世界大戦後の国際体制まで
  • 5 海域と地域の連関とアジア経済-東アジアの奇跡まで
  • 6 アフリカの経済発展と地域連関-構造調整期までの200年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 概説世界経済史
著作者等 Kumagai, Yukihisa
北原 聡
北川 勝彦
柏原 宏紀
西村 雄志
熊谷 幸久
書名ヨミ ガイセツ セカイ ケイザイシ
書名別名 An Economic History of Connecting Worlds
出版元 昭和堂
刊行年月 2017.5
ページ数 291p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8122-1628-6
NCID BB23700691
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22908851
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想