〈ものまね〉の歴史

石井公成 著

古来、日本ではものまねが好まれ、さまざまな芸能や文学の底流となってきた。人間・神仏・動物その他を巧みにまね、花開いた芸態を、仏教芸能との関係を軸に読み解く。今日に至るものまねの歴史を描く初めての試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ものまねと仏教と諸芸能-プロローグ
  • アジア諸国のものまね
  • 古代日本のものまね
  • ものまねの独立と寺院芸能
  • ものまねから能・狂言へ
  • 花開く江戸の歌舞伎と声色
  • 拡張していくものまね
  • ものまねの近代化
  • 変化と伝統-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈ものまね〉の歴史
著作者等 石井 公成
書名ヨミ モノマネ ノ レキシ : ブッキョウ ワライ ゲイノウ
書名別名 仏教・笑い・芸能
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 448
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2017.6
ページ数 246p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05848-3
NCID BB23682487
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22911919
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想