「アベノミクス」の正体

相沢幸悦 著

経済政策で支持率アップ、「改憲」へ!?強いられたマーケットの「国家統制」を甘受する日銀、金融緩和による円安誘導「アベノミクス」が五輪後にもたらすものは?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 安倍経済政策の副作用と弊害
  • 第1章 安倍経済政策の反国民的性格
  • 第2章 アジアから排除されるか、日本
  • 第3章 神の「見えざる手」への挑戦
  • 第4章 年金資金を危険にさらす運用
  • 第5章 政府の軍門に下った日本銀行
  • 第6章 財政大破綻とインフレの高進
  • 第7章 日本経済の破局と定常型社会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「アベノミクス」の正体
著作者等 相沢 幸悦
書名ヨミ アベノミクス ノ ショウタイ : セイジ ノ シュダン ニ オトシメラレタ ニホン ケイザイ
書名別名 政治の手段に貶められた日本経済
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2017.5
ページ数 193p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8188-2457-7
NCID BB23677228
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22907507
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想