賤民にされた人びと

柳田国男 著

被差別民の民俗世界。常民いわゆる定着農耕民の研究に対象を絞った柳田民俗学の、そうでなかった漂泊放浪の民に眼差しを向けた"非常民の民俗学"エッセイ・論考の集大成。『被差別民とはなにか』と併せるコンプリートワークス。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 山伏と山人(俗山伏
  • 山人考
  • 俗聖沿革史
  • 山立と山臥)
  • 2 女性の場合(桂女由来記
  • 小野於通)
  • 3 漂泊と放浪芸能(ポンの行方
  • 唱門師の話
  • 猿廻しの話
  • 獅子舞考)
  • 4 被差別の場所(山荘太夫考
  • 鬼の子孫
  • 塚と森の話
  • 垣内の話
  • 『破戒』を評す)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 賤民にされた人びと
著作者等 柳田 国男
書名ヨミ センミン ニ サレタ ヒトビト : ヒジョウミン ノ ミンゾク セカイ
書名別名 非常民の民俗世界
出版元 河出書房新社
刊行年月 2017.5
ページ数 251p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-309-22701-6
NCID BB23672778
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22912111
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想