「司馬遼太郎」で学ぶ日本史

磯田道史 著

当代一の歴史家が、日本人の歴史観に最も影響を与えた国民作家に真正面から挑む。戦国時代に日本社会の起源があるとはどういうことか?なぜ「徳川の平和」は破られなくてはならなかったのか?明治と昭和は本当に断絶していたのか?司馬文学の豊穣な世界から「歴史の本質」を鮮やかに浮かび上がらせた決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 司馬遼太郎という視点
  • 第1章 戦国時代は何を生み出したのか
  • 第2章 幕末という大転換点
  • 第3章 明治の「理想」はいかに実ったか
  • 第4章 「鬼胎の時代」の謎に迫る
  • 終章 二一世紀に生きる私たちへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「司馬遼太郎」で学ぶ日本史
著作者等 磯田 道史
書名ヨミ シバ リョウタロウ デ マナブ ニホンシ
書名別名 Shiba ryotaro de manabu nihonshi
シリーズ名 NHK出版新書 517
出版元 NHK
刊行年月 2017.5
ページ数 187p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-14-088517-8
NCID BB23659907
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22913845
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想