慟哭の海

能村次郎 著

最新鋭の技術をもって建造された「世界最強」の帝国海軍戦艦は、終戦間際、二度目の出撃の際、あっけなく撃沈された…。片道ぶんの燃料のみを積んだ「水上特攻」に従事した人々は、どのような思いを抱いて死んでいったのか。生還した大和副長が生々しく綴った手記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 慟哭の海(天号作戦
  • 月月火水木金金…
  • 連合艦隊命令 ほか)
  • レイテ沖海戦(風雲、急を告げる
  • 堂々の出撃
  • 武蔵の最期 ほか)
  • 「大和」建艦とその威容(日米建艦合戦
  • 涙をのんだ軍縮会議
  • 極秘の設計図 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 慟哭の海
著作者等 能村 次郎
書名ヨミ ドウコク ノ ウミ : センカン ヤマト シトウ ノ キロク
書名別名 戦艦大和死闘の記録

Dokoku no umi
シリーズ名 中公文庫 の16-1
出版元 中央公論新社
刊行年月 2017.4
ページ数 234p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-206400-3
NCID BB23653398
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22886443
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想