ケインズ

ピーター・クラーク 著 ; 関谷喜三郎, 石橋春男 訳

世界の政治と経済が混乱する時代に、ケインズは、何を考えどう生きたのか。彼の多彩な交流や、人間的側面も交え、『貨弊論』から『一般理論』へと昇華したケインズ経済学形成の過程を読み解く。イギリス史の泰斗ピーター・クラークが描き出す、巨星ケインズの新たな伝記!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • イントロダクション ジェットコースターのような評価
  • 第1章 「宗教と不道徳」ジョン・メイナード・ケインズ 1883年‐1924年
  • 第2章 「天空の最左翼で」ジョン・メイナード・ケインズ 1924年‐1946年
  • 第3章 「長期では、われわれはみな死んでしまう」経済政策の再考察
  • 第4章 「アニマル・スピリット」経済理論の再考察
  • エピローグ イギリス・ケインジアンとアメリカ・ケインジアン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ケインズ
著作者等 Clarke, P. F
Clarke, Peter
石橋 春男
関谷 喜三郎
クラーク ピーター
書名ヨミ ケインズ : モットモ イダイ ナ ケイザイ ガクシャ ノ ゲキドウ ノ ショウガイ
書名別名 KEYNES

最も偉大な経済学者の激動の生涯
出版元 中央経済社 : 中央経済グループパブリッシング
刊行年月 2017.5
ページ数 296p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-502-21251-2
NCID BB2364725X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22906639
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想