習近平の中国

林望 著

五年に一度の党大会を前に、その一強体制を盤石にしたように見える習近平指導部。だが、経済成長が鈍化し、価値観が多様化するなか、十三億人を率いていくのは容易ではない。結党、建国百年へ向け、習の目指す先はどこか。政権発足時から現地で取材してきた著者が、外交・内政・党内政治から、その行方を分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 習近平の描く夢
  • 第1章 勃興する大国、波立つ世界(米中の攻防
  • 海への野心
  • 日中の地殻変動)
  • 第2章 中国式発展モデルの光と影(改革開放のひずみ
  • 農民を食べさせる
  • 国家の繁栄、市民の憂鬱)
  • 第3章 十三億人を率いる党(強まる自負と深まる危惧
  • 「核心」時代の党大会)
  • 終章 形さだまらぬ夢

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 習近平の中国
著作者等 林 望
書名ヨミ シュウ キンペイ ノ チュウゴク : ヒャクネン ノ ユメ ト ゲンジツ
書名別名 百年の夢と現実
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1663
出版元 岩波書店
刊行年月 2017.5
ページ数 220,3p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431663-3
NCID BB2364636X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22918246
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想