霊長類

井田徹治 著

アフリカ、アジア、中南米など世界各地で霊長類の姿を追い、研究と保護に取り組む研究者や急速に減る生息地を取材してきた著者。体長わずか6センチのピグミーネズミキツネザルから体長180センチ体重200キロ超にもなるヒガシローランドゴリラまで、現在496種、亜種まで含めると695種を数える霊長類の未来は?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 霊長類に迫る危機
  • 第2章 大型類人猿の森-ルワンダ、コンゴ民主共和国、コンゴ共和国
  • 第3章 ヒトとの共生-コンゴ民主共和国、タンザニア、マダガスカル
  • 第4章 アジアの多様な霊長類-ボルネオ島、ベトナム
  • 第5章 残された聖地-アマゾン
  • 終章 つながる世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 霊長類
著作者等 井田 徹治
書名ヨミ レイチョウルイ : キエユク モリ ノ バンニン
書名別名 消えゆく森の番人
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1662
出版元 岩波書店
刊行年月 2017.5
ページ数 239,3p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431662-6
NCID BB23646224
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22919922
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想