征夷大将軍・護良親王

亀田俊和 著

親王を倒幕へと駆り立てたものとは?生死をかけたゲリラ戦-。悲願成就ののち、新たに現れたライバル"足利尊氏"。父後醍醐との確執、尊氏への嫉妬の果てに護良を待ち受ける、悲しい運命。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 倒幕の急先鋒(天台座主・尊雲法親王
  • 決死の倒幕ゲリラ戦)
  • 第2部 護良の戦い、興良の戦い(足利尊氏との死闘
  • 護良の遺児・興良親王)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 征夷大将軍・護良親王
著作者等 亀田 俊和
書名ヨミ セイイ タイショウグン モリヨシ シンノウ
書名別名 Sei taishogun moriyoshi shinno
シリーズ名 シリーズ〈実像に迫る〉 007
出版元 戎光祥
刊行年月 2017.4
ページ数 102p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86403-239-1
NCID BB23638452
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22888395
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想