三つの石で地球がわかる

藤岡換太郎 著

「水の惑星」地球は「石の惑星」でもある。太陽系で最も多くケイ素が集まったため、ほかの惑星にはない多彩な岩石が生みだされた。しかし種類が多いだけに「石の世界」は複雑で、名前を見ただけで嫌気がさしてしまいがちだ。本書では初心者が覚えるべき石を三つ選び、それらを主役に、石と地球の進化を語っていく。読めば「石の世界」が驚くほどすっきりわかる!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 そもそも、石とは何だろうか
  • 第1章 マントルをつくる緑の石-橄欖岩のプロフィール
  • 第2章 海洋をつくる黒い石-玄武岩のプロフィール
  • 第3章 大陸をつくる白い石-花崗岩のプロフィール
  • 第4章 石のサイエンス-鉱物と結晶からわかること
  • 第5章 三つの石と家族たち-火成岩ファミリーの面々
  • 第6章 三つの石から見た地球の進化-地球の骨格ができるまで
  • 終章 「他人の石」たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 三つの石で地球がわかる
著作者等 藤岡 換太郎
書名ヨミ ミッツ ノ イシ デ チキュウ ガ ワカル : ガンセキ ガ ヒモトク コノ ホシ ノ ナリタチ
書名別名 岩石がひもとくこの星のなりたち
シリーズ名 ブルーバックス B-2015
出版元 講談社
刊行年月 2017.5
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-502015-9
NCID BB23634553
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22910245
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想