人はどのように鉄を作ってきたか

永田和宏 著

4000年前、アナトリアで発明された鉄ほど人類の社会と文明に影響を与えた物質はない。温度計もない時代に、どのように鉄を作ったのだろうか?アナトリアの最古の製鉄法から現代の製鉄法、さらに日本固有の「たたら製鉄」も紹介しながら、鉄作りの秘密に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古代人になって鉄を作ってみよう
  • 「鉄を作る」とはどういうことか
  • 製鉄法の発見
  • ルッペの製造
  • 最古の高炉遺跡-ラピタン
  • 古代・前近代のルッペの製造炉
  • 溶鉱炉の発展
  • 精錬炉の発展
  • 鋼の時代
  • たたら製鉄のユニークな工夫
  • 脱炭と軟鉄の製造
  • 鉄のリサイクルと再溶解
  • 銑鉄の溶解と鋳金
  • 鍛冶屋のわざ
  • 「沸き花」の正体
  • 和鉄はなぜ錆びないか
  • なぜルッペや和鉄の不純物は少ないか
  • インドの鉄柱はどのように作ったか
  • 製鉄法の未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人はどのように鉄を作ってきたか
著作者等 永田 和宏
書名ヨミ ヒト ワ ドノヨウニ テツ オ ツクッテ キタカ : ヨンセンネン ノ レキシ ト セイテツ ノ ゲンリ
書名別名 4000年の歴史と製鉄の原理
シリーズ名 ブルーバックス B-2017
出版元 講談社
刊行年月 2017.5
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-502017-3
NCID BB23628710
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22910239
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想