お茶の科学

大森正司 著

緑茶、紅茶、ウーロン茶…さまざまあるお茶は、すべて同じ「チャ」の樹の葉からできたもの。製造過程で、茶葉の中で多様な変化が起こり、そのお茶らしい色、香り、味が生まれます。「お茶のおいしさ」とは何なのか?茶のルーツをたどり、最新研究からその秘密に迫ります。科学でわかった「一番おいしいお茶の淹れ方」も伝授!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 お茶の「基本」をおさえる-どんなお茶も、すべて同じ「チャ」だった
  • 第2章 お茶はどこからきたのか?-チャと茶のルーツを巡る旅
  • 第3章 茶葉がお茶になるまで-色や風味はいつどうやって作られるのか
  • 第4章 お茶の色・香り・味の科学-おいしさは何で決まる?
  • 第5章 お茶の「おいしい淹れ方」を科学する-煎茶を"玉露"にする方法
  • 第6章 お茶と健康-なぜお茶は身体にいいのか
  • 第7章 進化するお茶-味も楽しみ方も変える技術

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 お茶の科学
著作者等 大森 正司
書名ヨミ オチャ ノ カガク : イロ カオリ アジ オ ウミダス チャバ ノ ヒミツ
書名別名 「色・香り・味」を生み出す茶葉のひみつ

Ocha no kagaku
シリーズ名 ブルーバックス B-2016
出版元 講談社
刊行年月 2017.5
ページ数 279p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-502016-6
NCID BB23628153
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22910242
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想