外科系医師が知っておくべき創傷治療のすべて

日本創傷外科学会 監修 ; 鈴木茂彦, 寺師浩人 編集

形成外科専門医が伝える創傷と瘢痕の治療。創傷治療に関わるすべての医師・看護師に役立つ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 外科系医師が知っておくべき創傷治療の基本(創傷とは
  • 創傷治癒の原理と考え方
  • 創傷外科治療における基本的考え)
  • 2 急性創傷治療の実際(外傷の初期治療
  • 熱傷
  • 手術創)
  • 3 慢性創傷治療の実際(褥瘡-診断と治療のエッセンス
  • 下腿潰瘍-診断と治療のエッセンス
  • その他の難治性潰瘍(慢性放射線潰瘍、膠原病に伴う潰瘍)の治療
  • 再生医療の応用)
  • 4 瘢痕治療の実際(ケロイドと肥厚生瘢痕、瘢痕拘縮の診断
  • ケロイド治療
  • 肥厚性瘢痕治療
  • 瘢痕拘縮治療)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 外科系医師が知っておくべき創傷治療のすべて
著作者等 寺師 浩人
日本創傷外科学会
鈴木 茂彦
書名ヨミ ゲカケイ イシ ガ シッテ オクベキ ソウショウ チリョウ ノ スベテ
書名別名 Gekakei ishi ga shitte okubeki sosho chiryo no subete
出版元 南江堂
刊行年月 2017.4
ページ数 302p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-524-25486-6
NCID BB23626362
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22895613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想