物語オランダの歴史

桜田美津夫 著

16世紀、スペイン王権との戦いから「低地諸州」北部であるオランダは独立。商機を求めてアジアや新大陸へ進出し、17世紀、新教徒中心の共和国は、世界でも最有力の国家となった。だが四次にわたる英蘭戦争、フランス革命の余波により没落。ナポレオン失脚後は王国として復活し、20世紀以降、寛容を貴ぶ先進国として異彩を放つ。本書は、大航海時代から現代まで、人物を中心に政治、経済、絵画、日本との交流などを描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 反スペインと低地諸州の結集-16世紀後半
  • 第2章 共和国の黄金時代-17世紀
  • 第3章 英仏との戦争、国制の変転-17世紀後半〜19世紀初頭
  • 第4章 オランダ人の海外進出と日本
  • 第5章 ナポレオン失脚後の王国成立-19世紀前半
  • 第6章 母と娘、二つの世界大戦-19世紀後半〜1945年
  • 第7章 オランダ再生へ-1945年〜21世紀

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物語オランダの歴史
著作者等 桜田 美津夫
書名ヨミ モノガタリ オランダ ノ レキシ : ダイコウカイ ジダイ カラ カンヨウ コッカ ノ ゲンダイ マデ
書名別名 大航海時代から「寛容」国家の現代まで
シリーズ名 中公新書 2434
出版元 中央公論新社
刊行年月 2017.5
ページ数 322p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102434-3
NCID BB2362544X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22912032
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想