カラダの知恵

三村芳和 著

ケガや病原菌からカラダを守り、他者の表情から瞬時に感情を読みとるヒトの細胞。傷ついた患部に白血球はどう集まり、血小板は固まるのか。他者への共感をもたらすミラーニューロンはどんなものか。細胞たちのコミュニケーションには、人間社会にまさるとも劣らない大胆で精緻な仕組みが隠されている。本書は体内で行われる37兆個に及ぶ細胞たちの情報伝達をわかりやすく解説。人間のカラダに潜む知恵と不思議に迫る一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 細胞たちのコトバ-カラダの反応を支えるシグナル
  • 1 身体的コトバ(白血球をあやつるコトバ-惹かれて引かれる
  • 重要なコトバのアラカルト-サイトカインと活性酸素とエネルギーと
  • 細胞たちの指さし確認-安全確認システム
  • コトバの組み合わせ-自分と他人を区別する/色と形を知る)
  • 2 心的コトバ(あなたの痛みがわかる-共感と模倣と創造と
  • 暗示というコトバ-プラセボの効果
  • 直覚のすすめ-ビビッ!とくる)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カラダの知恵
著作者等 三村 芳和
書名ヨミ カラダ ノ チエ : サイボウタチ ノ コミュニケーション
書名別名 細胞たちのコミュニケーション
シリーズ名 中公新書 2435
出版元 中央公論新社
刊行年月 2017.5
ページ数 249p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102435-0
NCID BB23621642
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22912034
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想