通勤電車のはなし

佐藤信之 著

通勤時間はムダである。この苦痛に耐える時間を有意義に利用すれば年間7兆円もの価値が生まれるといわれる。どうすれば満員電車を少しでも快適に出来るのか。新線の建設、ダイヤの工夫、新型車両の導入など、鉄道会社は努力を重ねてきた。人口減少社会の現在も、なお改善は必要である。混雑率200%に達する総武線や田園都市線をはじめ、主要路線の問題点と対策を解説。過去から将来まで、通勤電車のすべてが分かる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 通勤電車とは
  • 第2章 東京圏のネットワークの現状
  • 第3章 大阪圏のネットワークの現状
  • 第4章 東京圏の人口動向と輸送改善
  • 第5章 大阪圏の人口動向と輸送改善
  • 第6章 東京圏の混雑緩和の推移
  • 第7章 大阪圏の輸送力増強と混雑率
  • 第8章 今後の展望-東京圏
  • 第9章 今後の展望-大阪圏

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 通勤電車のはなし
著作者等 佐藤 信之
書名ヨミ ツウキン デンシャ ノ ハナシ : トウキョウ オオサカ カイテキ ツウキン ノ タメ ニ
書名別名 東京・大阪、快適通勤のために
シリーズ名 中公新書 2436
出版元 中央公論新社
刊行年月 2017.5
ページ数 277p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102436-7
NCID BB23621380
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22912038
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想