熊倉功夫著作集  第5巻

熊倉功夫 著

戦国の争乱をこえ平和の時がきた。寛永時代を謳歌する新しい文化誕生。後水尾院はじめとする禁中ならびに公家社会、武士や町衆、僧侶さらに牢人まで一つに溶けあって、"きれい"で"美しい"寛永文化の花を開かせた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 寛永文化の研究(寛永文化の前提
  • 寛永文化の性格と基盤
  • 寛永文化の変容)
  • 2 寛永文化そしてその後(寛永文化人としての松花堂昭乗
  • 後水尾院と修学院離宮
  • 日本遊芸史序考-数寄者本阿弥光悦を中心に
  • 知識人の教養)
  • 3 史料翻刻『板倉政要』巻六〜巻十裁判説話の部

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 熊倉功夫著作集
著作者等 熊倉 功夫
書名ヨミ クマクラ イサオ チョサクシュウ
書名別名 寛永文化の研究

Kumakura isao chosakushu
巻冊次 第5巻
出版元 思文閣
刊行年月 2017.4
ページ数 472,13p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7842-1856-1
NCID BB23614636
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22909531
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想