フッサールの現象学

ダン・ザハヴィ 著 ; 工藤和男, 中村拓也 訳

フッサール現象学を数々の誤解から救い出し、志向性、直観、構成、時間、身体、主観性、相互主観性、生世界などの現象学の根本概念を明解に読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 初期フッサール-論理学・認識論・志向性(フッサールの心理主義批判
  • 志向性という概念
  • 作用、意味、対象
  • 表意的所与と直観的所与
  • 明証
  • カテゴリー的対象と本質直観
  • 現象学と形而上学)
  • 第2章 フッサールの超越論哲学への転回-エポケー・還元・超越論的観念論(無前提性
  • デカルト的道と存在論的道
  • いくつかの誤解
  • フッサールの超越論的観念論
  • 構成という概念)
  • 第3章 後期フッサール-時間・身体・相互主観性・生世界(時間
  • 身体
  • 相互主観性
  • 生世界)
  • 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フッサールの現象学
著作者等 Zahavi, Dan
中村 拓也
工藤 和男
ザハヴィ ダン
書名ヨミ フッサール ノ ゲンショウガク
書名別名 Husserl's Phenomenology

Fussaru no genshogaku
出版元 晃洋書房
刊行年月 2017.4
版表示 新装版
ページ数 242,20p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7710-2892-0
NCID BB23598256
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22934858
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想