弥生時代人物造形品の研究

設楽博己, 石川岳彦 著

弥生時代の人物造形品について全国悉皆調査を行い、600余点を集成。起源、分布状況や特質を抽出し、縄文時代や古墳時代との相違・継承点を分析するほか、中国の出土例を含めた考察により、その文化変容と社会的背景を論究する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 東北地方の弥生土偶とその周辺
  • 黥面土偶とその周辺
  • 副葬される土偶
  • 土偶形容器考
  • 神奈川県中屋敷遺跡出土土偶形容器の年代
  • 人面付土器の諸類型
  • 土偶形容器と人面付土器の区分
  • 西日本と中部高地地方の弥生土偶
  • 分銅形土製品に対する一考察
  • 木偶と石偶
  • 偶像の農耕文化的変容
  • 人面付土器Cから盾持人埴輪へ
  • 方相氏の伝来と仮面
  • 中国東北地方における先史時代の人物造形品
  • 弥生時代における人物造形品の特質

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 弥生時代人物造形品の研究
著作者等 石川 岳彦
設楽 博己
書名ヨミ ヤヨイ ジダイ ジンブツ ゾウケイヒン ノ ケンキュウ
出版元 同成社
刊行年月 2017.3
ページ数 290p
大きさ 27cm
ISBN 978-4-88621-758-5
NCID BB23579590
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22901978
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想