社交不安症UPDATE

小山司 編集

[目次]

  • 1 社交不安症の概念と病態的特徴(社交不安症の概念および定義-対人恐怖との相互関係
  • 社交不安症の原因と症状
  • 社交不安症の有病率-罹患年齢などの疫学から)
  • 2 社交不安症の診断と評価尺度(社交不安症の分類と鑑別診断
  • DSM‐5およびICD‐11における社交不安症の診断基準
  • 社交不安症の診断とLSAS・SATSによる臨床評価)
  • 3 社交不安症の治療ストラテジーとその評価(社交不安症の治療アルゴリズム-治療の選択基準と手順
  • 社交不安症の臨床評価と心理教育
  • 社交不安症における薬物療法
  • 社交不安症に対する認知行動療法
  • 社交不安症の回復を目指した治療の組み立て方とその評価)
  • 4 社交不安症とComorbidity(気分障害と全般性の社交不安障害(社交不安症)
  • 他の不安症と社交不安症
  • その他の疾患と社交不安症-アルコール使用障害(依存・乱用)、摂食障害など)
  • 5 社交不安症とエスシタロプラム(社交不安症に対する国内臨床試験
  • EBMからみたエスシタロプラムの有用性
  • うつ病に併存する社交不安症へのエスシタロプラムの臨床応用)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社交不安症UPDATE
著作者等 小山 司
書名ヨミ シャコウ フアンショウ アップデート : エスシタロプラム ニ ヨル アプローチ オ チュウシン ニ
書名別名 エスシタロプラムによるアプローチを中心に

Shako fuansho appudeto
出版元 先端医学社
刊行年月 2017.3
ページ数 183p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86550-251-0
NCID BB23576093
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22872567
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想