陽明丸と800人の子供たち

北室南苑 編著

今から百年ほど前、ロシア革命後の混乱期に八百人の子供難民を救った日本の船がある。貨物船「陽明丸」は米国赤十字社の要請に応じ、当時の首都ペトログラードからシベリアまで避難してきた子供たちを親元に返すため、二つの大洋を横断し機雷が漂うバルト海を通過するという、危険だが失敗は許されない大航海に出航する-。それから一世紀の時を経て子供たちの子孫から「日本人船長に感謝を伝えたい」と、船長探しを依頼された書家が、二年の歳月をかけて船長の子孫を探し当て、船長の貴重な手記を発見した。日米連携で子供たちを故郷に戻した四人の男たちと陽明丸の知られざる偉業に迫る!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 幻のカヤハラ船長探索記(サンクトペテルブルクでの出会い
  • 探索開始
  • カヤハラ船長を発見!
  • たった一冊の船長手記
  • 人道の船「陽明丸」)
  • 第2部 陽明丸大航海(革命の荒波をこえて
  • ロシアの子供たちのその後
  • 航海中の陽明丸あれこれ
  • 陽明丸の四人の男たち
  • 「陽明丸」七つの謎)
  • 第3部 茅原船長の手記(ロシア小児団輸送記-赤色革命余話)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 陽明丸と800人の子供たち
著作者等 北室 南苑
北室 正枝
書名ヨミ ヨウメイマル ト ハッピャクニン ノ コドモタチ : ニチロベイ オ ツナグ キセキ ノ キュウシュツ サクセン
書名別名 日露米をつなぐ奇跡の救出作戦
出版元 並木書房
刊行年月 2017.4
ページ数 267p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-89063-361-6
NCID BB23569939
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22891959
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想