水俣病の病態に迫る

横田憲一 著

水俣病患者公式確認60年を経た今日も「水俣病問題」は解決していない。何故、解決に至らないのかを検証し、水俣病問題の解決に必要な要件について考察を試みた。水俣病問題が解決しない根本原因は、「水俣病の病態」が明快に説明されず、曖昧なまま今日に至っているからだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1部 「水俣病の病態」とらえ方の歴史的経緯(「公害健康被害補償法に基づく認定制度」について
  • 「これまで積み重ねた多くの補償・救済の枠組み」について)
  • 2部 「メチル水銀曝露」ヒト生体への影響(水俣病の発症メカニズム及びメチル水銀の生体への影響
  • メチル水銀曝露による中毒発症時及びその後の症例
  • メチル水銀中毒症における生体の損傷部位とその病理学的変化)
  • 3部 メチル水銀中毒症(水俣病)の診断(メチル水銀中毒症の診断
  • 水俣病の診断)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水俣病の病態に迫る
著作者等 横田 憲一
書名ヨミ ミナマタビョウ ノ ビョウタイ ニ セマル : チッソ ミナマタビョウ カンサイ ソショウ シリョウ ニ モトズイテ
書名別名 チッソ水俣病関西訴訟資料に基づいて
出版元 随想舎
刊行年月 2017.3
ページ数 457p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88748-338-5
NCID BB2355610X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22864723
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想