日本経済史

石井里枝, 橋口勝利 編著

経済を通して、日本の歴史を俯瞰すると見えてくる景色とは何か。江戸時代の経済の仕組みから、開港、産業革命、2つの大戦、戦後復興、そして高度経済成長から現代日本へのダイナミズムをわかりやすく解説する。高等学校の歴史学習からの架け橋となるべく、学ぶべきポイントを整理。初学者がはじめに読む日本経済史の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 近世から近代へ(江戸時代経済の展開
  • 江戸の終焉と新たな経済秩序の模索
  • 近代産業の発達
  • 日清・日露戦争と日本経済)
  • 第2部 近代日本の成長(第一次世界大戦と輸出ブーム
  • 恐慌と生活様式の変容
  • 満州事変と景気回復
  • 戦時統制経済とアジア・太平洋戦争)
  • 第3部 戦後復興と現代(戦後経済改革と経済復興
  • 高度成長と消費社会の成立
  • 貿易摩擦と「経済大国」化
  • バブル経済とその後)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本経済史
著作者等 橋口 勝利
石井 里枝
書名ヨミ ニホン ケイザイシ
シリーズ名 MINERVAスタートアップ経済学 5
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2017.4
ページ数 338p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-623-07948-3
NCID BB23538800
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22890809
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想