グローバル化時代の文化・社会を学ぶ

長友淳 編

トランスナショナリズム時代の流動性を読み解く。文化相対主義や贈与論など基礎的理論から、ジェンダー論やポストコロニアル理論などの現代的視点までカバーする入門書。今日の文化の動態性を学ぶ上で重要な視点が身につく。調査法とレポートの書き方も伝授。各章ディスカッションテーマ付。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 異文化を学ぶ(文化の概念-文化人類学における文化の概念と文化相対主義
  • 社会学の基礎-学問系譜と視点 ほか)
  • 第2部 変化する社会を学ぶ(近代化と国家-近代とはいかなる時代か?
  • 世界システム-ネットワーク化する世界の可能性とは何か? ほか)
  • 第3部 グローバル化時代の文化の越境と動態性(文化を記述する-文化を語る権利は誰にあるのか
  • グローバル化論・トランスナショナリズム論-グローバル化=アメリカ化? ほか)
  • 第4部 実践編(レポートの書き方-論理的に書く手法と引用方法
  • フィールドワークに出よう-フィールドノーツ作成法・質的社会調査方法論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバル化時代の文化・社会を学ぶ
著作者等 長友 淳
書名ヨミ グローバルカ ジダイ ノ ブンカ シャカイ オ マナブ : ブンカ ジンルイガク シャカイガク ノ アタラシイ キソ キョウヨウ
書名別名 文化人類学/社会学の新しい基礎教養
出版元 世界思想社
刊行年月 2017.4
ページ数 173p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7907-1696-9
NCID BB23535110
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22894945
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想